紅茶の意外な効能   2 ~アロマセラピー~  

28 July 2017

紅茶には、テアニンというアミノ酸が含まれています。

 

テアニンを摂取することで興奮を抑えたり、緊張を和らげる働きがあります。

テアニンに含まれるリラックス効果は、浅い眠りの時に脳内に分泌されるθ波を生成しないため、眠気を起こさないというポイントがあります。

 

さらに紅茶に含まれるカフェインは、疲労回復やストレス解消に効果があります。

これらの効果は、紅茶の香りをかいだ瞬間から効果を発揮すると言われています。

 

仕事の合間に、または休日におうちでゆったりと、紅茶のリラックス効果をぜひ享受してください。